スポンサードリンク

アンチエイジング50代からの老化防止・病気・栄養素と薬サイトトップ >コラーゲンの働き | 良質たんぱく質 >> 50代からのコラーゲン補給の必要性
私たちの体には、さまざまな臓器にある。そこに存在するコラーゲンは、約20種類くらいあるといわれる。

加齢と共にコラーゲンが減少する。そこでコラーゲン補給が必要となる。

まず最初、コラーゲンとは

骨、腱、皮膚の主成分のコラーゲンⅠ型と呼ばれ最も量が多くこの研究が進んでいる。

コレが一般に言われるコラーゲンのこと。その他Ⅱ型、Ⅲ型などあり、意味があるらしい。

ここで一般に言われるコラーゲンは、Ⅰ型のことである。

細胞がコラーゲンを作る。それを繊維芽細胞という。

コラーゲンを体内で合成するには、材料はアミノ酸の、ヒドロキシプロリン、ヒドロキシリジンが構成成分として含まれている。

もとはアミノ酸プロリンとリジンが酵素の働きで変換される。

簡単に言うと、良質のたんぱく質のほかに、ここに酵素、ビタミンC、鉄イオンなどがなければ、コラーゲンができずコラーゲンが不足の状態になってしまう。


不足の結果、血管壁が弱くなりすぐに出血するなどの症状が出る。壊血病だ。

年とともにこのコラーゲンの生成が衰える。コレは自然の摂理で、量的な変化、皮膚など弾力がなくなる。そこでコラーゲンを補給。サプリメントだ。

スポンサードリンク

骨の量もしかり、コラーゲンとコラーゲンの繊維の周りの、ハイドロシアパタイトという無機質(カルシウムとリン酸の化合物)が減少して骨粗しょう症になる。

また、コラーゲンを配合した化粧品や食品は、皮膚からは浸透していかない。

なぜなら、皮膚の表面に角質層があり、その下に表皮、真皮があり、その真皮にコラーゲンが存在する。

外からのコラーゲン補給はその角質層のため真皮には届かない。
しかしその化粧品を外から塗ることにより、保湿効果が期待できる。

無駄ではない、皮膚の水分補給に役立つ。

しわに関して、赤ちゃんのみずみずしいは肌は、保湿能力があるから、ここにはコラーゲンとヒアルロン酸の働きである。

コラーゲンは体内でできる。材料がそろっていればのこと。

50代以降、特にコラーゲンの必要となる年代には、良質のたんぱく質、その良質とは必須アミノ酸9種類をバランスよく持っていることが重要であるので、結お肌を心配するなら良質なたんぱく質をしっかりとることがいい。

その他ビタミンCもたくさん入れること。

なるべく自分の体でできる材料を入れてあげることの方が大事。

外から入れたコラーゲンは胃や腸の中で分解され、ペプチドやアミノ酸ができる。

うれしいことにコラーゲンをつくるたんぱく質をとることにより、血圧が安定したり、血液循環が良くなったりする。

細胞と細胞の接着財の役割もするので、菌やウイルスが侵入しない体作りができる。

避けたい病気、美容の衰えにいい結果となる。


スポンサードリンク

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

お笑い芸人