スポンサードリンク

ミネラルウオーター

ミネラルウォーターでミネラル補給
 
 
 
 
 カルシウムやマグネシウムは、体の機能維持や調整に欠かすことのできないミネラルです。その補給源として、手軽に利用できるのがミネラルウォーターです。
 カルシウムは骨を強化し、マグネシウムはエネルギー代謝に働く酵素を活性化させ、また、細胞内のナトリウム(塩分)濃度を調節して血圧を正常に保つ働きをします。またカルシウムとマグネシウムは、互いに協力して筋肉の収縮活動をスムーズにします。そして、いずれも精神の安定に働くため、不足するとイライラしたり、集中力の低下を招いたりします。つまりカルシウムとマグネシウムは、どちらが不足しても十分に働くことができないのです。
 カルシウムとマグネシウムの摂取の割合は、だいたい2対1がよいとされています。「5訂日本食品標準成分表」(科学技術庁資源調査会編)によると、カルシウムの1日の所要量は成人男性で600~700mg、マグネシウムは約300mg。成人女性でカルシウム600mg、マグネシウムは約250mgとされています。
 
 
 
 水には硬水と軟水があり、カルシウムやマグネシウムを多く含む水が硬水、含有量が少ないのが軟水です。
 水の硬度は1リットル当たりの〔カルシシウム量×2.5〕+〔マグネシウム量×4〕で計算されます。日本では一般的に、その数値が120以上の水が硬水と表示されています。
 硬水は雨水や雪解け水が、岩山を時間をかけて流れる間に、岩山から溶け出したミネラルを含むことでつくられます。つまりヨーロッパのように岩でできた高山が少ない日本の水は、多くが軟水です。
 また、ミネラルウォーターと表示されていても、カルシウムやマグネシウムがあまり含まれていない場合があるので、購入するときはラベルの含有成分をよく見て選びましょう。

スポンサードリンク

mjyky105 at 20:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

中性脂肪・・血糖・動脈硬化

さらさら血液の邪魔者、中性脂肪。

とりすぎた糖分がだぶつき、血管内の中性脂肪となり血管のつまりの原因矢血管をきずつけたりしてしまう。

代謝がうまくできなくなり、動脈硬化を促進させ、生活習慣病の始まりとなる。


しかし、糖質は大切な働きもしている。エネルギー源として欠かせない。。

余分な糖質は中性脂肪となり、エネルギーとして消費されないと体内にたまり、コレステロールのバランスを崩し、うまく代謝できず、肝臓や腎臓の機能も低下させてしまう。

■中性脂肪が増えると悪玉コレステロールも増える
 

食事によってとり込まれたタンパク質や糖分、脂肪などの栄養分は、体が活動するためのエネルギーとして消費されるほか、体をつくる材料として役立てられるが、とりすぎ、余った栄養分は、脂肪細胞や肝臓に蓄えられる。これが中性脂肪。

コレステロールは細胞膜やホルモンを生成する材料となるのに対し、中性脂肪は体力維持に不可欠のもの。


しかし現代人は、過食や運動不足などで中性脂肪が過剰になりがち、アルコールの飲み過ぎによっても、血液中の中性脂肪は増加してしまう。

余分な中性脂肪は脂肪細胞や肝臓にたまり、肥満を招き血液を汚してしまう。いわゆるどろどろ血液になる。
ハーフシトールドリンク 50ml*10本入
また中性脂肪が増えると善玉コレステロール(HDL)が減少し、悪玉コレステロール(LDL)を増加させる。




 

続きを読む

スポンサードリンク

mjyky105 at 20:47|PermalinkComments(1)TrackBack(0) 血液 | 血糖

お笑い芸人